カメラの向こう側を見る

人にどう見られているのかを考える

今はまさにアダルト業界は行ってしまえば飽和状態の誰が人気があって誰が人気がないのかもかなりあいまいとなっているぐらいにたくさんの女性が出演している激戦の時代へと突入してきました。

ちょっと前だったら風俗業界でもかなり行きついてしまったところという一番下の部分と卑下されていたものですが今は風俗業界で体を不特定多数の男性に抱かれるよりも一発大きな金額をもらってしっかりと安全面が確保されているところの方がいいという考えの女性が増えてきております。

さらに行ってしまえばこれだけ多くの女性が出ているからかつらをかぶったりメイクをすれば誰だかわからないという人も多くてかなり普通の素人女性がお小遣い稼ぎの目的で出演している人も増えてきました。

こんな状態では出演者を求めている時代ではなくてどれだけ競争意識を保てるかがポイントとなってきているでしょう。前だったらアイドル並みに可愛い女性が出ていたら恥じらいの表情を浮かべていればそれでよかったものが今はそうも言ってられなくなってきました。

素人女性に求められることは恥じらいかもしれませんがプロとして出演している人はそういうわけにはいかなくなってきているのです。

プロである以上求められるハードルがどんどん高くなってきているのも仕方のないことかもしれませんね。プロの中でも一握りのトップ女優が持っているのはやはり自分の特性を最大限に生かせるかどうかがポイントとなってきております。その道のプロになれるかどうかで可愛い系だったらとことん可愛いメイクや髪形をして魅せることが出来るかどうかだったりかっこいい感じだったりS気のお姉さんオーラを出せるかどうかですよね。

その道のプロの中でもさらにこだわりを持つことでオリジナリティを発揮できるのです。万人に受けなくてもコアなファンがついた方がいいのです。

ページのトップへ戻る