幅広いニーズにこたえる

マニアックなものからポピュラーまで

AV業界のカテゴリの豊富さについて紹介していきたいと思います。本当にAV業界というのは豊富なコンテンツが揃っておりますよね。ただ綺麗で可愛い女性を出演させていればいいという時代はなくなってしまいました。

前までにレンタルショップなどでパッケージに力をいれて実際はそんなに可愛い女の子ではないという感じで騙されてしまったとかいう経験もあったでしょう。どれだけ加工してるんだよ(笑)っていいながらもついつい見てしまったというパターンもあると思います。

しかし今はネットで気軽に見れてしまうことですぐに可愛いかどうかの判断は可能ですし、何よりも無料で見れてしまうのでただ単に女性が裸になっているだけではもはや満足していないのですよね。視聴者側の目が肥えてしまっているのが現状です。そうなると視聴者側はより自分のタイプのカテゴリを探しますしそれに合わせて会社側もその人向けのピンポイントの動画を作成したりします。

中にはこれってみてなにが興奮するの?って思ってしまうものまで存在しておりますがそれでも少ない中で需要があるのです。くすぐっているだけの動画なども存在しております。こんなものは普通の人が見ていてもつまらないですよね。それでも刺さる人には刺さるのです!

これほどカテゴリが豊富にあるのはそれだけ日本人がスケベだということですし、こだわりを持った日本の国民性がうまくはまった結果だと思います。

世界でも類をみないほどのカテゴリが豊富に揃っている日本のAV業界の戦略方法はちょっと一般企業も見習うところがあると思います。大多数が好きなものも少数派の好きなものも両方そろえておくのが大切なのです。ただAVというだけではなくて見習うところも多いと思います。

ページのトップへ戻る