オンラインカジノ初心者

オンラインカジノってそもそも何?

オンラインカジノの知名度というのはどんどん上がってきています。

その理由としてはインターネットが身近になり、より便利で安全に利用することができるようになったという点やここ最近日本で「Integrated Resorts」の略称で、カジノを含む統合型リゾートのことを指すIR推進法などが可決されたりと、カジノ自体に注目が集まっています。

今現在では国内でのオンラインカジノのプレイヤーの数は50万人ほどと言われていますが、今後利用者数は増えていくことは間違いありません。

その中でも特に他のギャンブルと違って女性の利用者の数が多いというのがオンラインカジノの特徴でもあるのです。

今なぜオンラインカジノが注目されているのか?オンラインカジノはどういったものなのかを説明していきたいと思います。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノはインターネットで本場のカジノと同じようにリアルマネーを使ってギャンブルを楽しむことが出来ます。

日本ではゲームセンターのメダルコーナーなどでもポーカーやブラックジャックなどのカードゲームはプレイをすることが出来ますよね。

しかし、メダルゲームで勝っても得られるのはメダルだけです。オンラインカジノでは本物のお金を使って勝負をするので勝てばお金が得られるのです。

本物のディーラーと勝負をしたりすることが出来るので限りなく本物のカジノと同じように勝負できます。

インターネットに接続できればパソコンやタブレット、スマホなどから気軽にアクセスして本場のカジノと同じルールでプレイすることが出来るのです。

また、時間の制限もなく24時間36日自由に楽しむことが出来るので、ちょっとした通勤時間の合間だったり、昼休憩だったり、自分のペースで楽しむことが出来るのです。

仕事で朝からパチンコをすることが出来ないという人や忙しくて仕事の合間にするしかないから十分に楽しめないという人でもオンラインカジノであれば自分の都合で本格的なギャンブルをプレイをすることが出来ます。

オンラインカジノは海外のサイト

日本は先進国でもギャンブル大国と言われているほどギャンブルが大好きなんです。

競馬や競輪・競艇・パチンコやスロット・宝くじ・スポーツ振興くじ(toto)など様々なギャンブルがあります。

しかし、カジノに関してはそこまで広まらなかったですよね。それは元々日本に無かった海外のギャンブルであり、日本では基本的に公営、国が認めたものでしか賭博を認めなかったたのでカジノ文化は日本では普及しづらかったのです。

※パチンコやスロットは三店方式と呼ばれる仕組みで法律上日本では賭博扱いには現状なっていません。

また現状の賭博以外は認められない以上カジノは定着しづらかったのですが、よく映画や海外ドラマでもカジノの映像が流れたり、ゲームセンターのメダルコーナーではカジノゲームが出来たりと賭博ではないにしろ認知はされていました。

日本ではカジノは現状IR法によってカジノが注目されてきたとはいえリアルマネーを使って日本でプレイをすることは賭博法によって禁止されています。

しかし、オンラインカジノはインターネットでプレイをするので海外サイトを利用することによって楽しむことがで出来るのです。

インターネットの法律上海外で運営をされているものを多言語化対応をしている場合はその運営する国の法律に従うという国際法があるので利用しても問題ありません。

違法かどうかを気にしている人も多いですが、安心して利用することが出来ます。

詳しくは「オンラインカジノは違法?それとも合法?」で詳しく記事として紹介していきます。

オンラインカジノは違法?それとも合法?オンラインカジノを利用したいと思っても違法か合法どっちか分からず利用出来ないままでいる人もいると思うので実際にあった事件も含めて紹介していきます。...

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史はここ最近出来たと思っている人も多いですが、じつはインターネットが爆発的に普及する前の1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが世界で初めてオンラインカジノ運営者へ正式な政府のライセンスを発行する法律を可決した事がはじまりとされています。

それから20年以上も経過しインターネットの環境やセキュリティの進化、利用者が増えたことによってどんどん進化していって今に至るのです。

オンラインカジノは誰もが簡単に運営できるものではありません。

国や領・島などによって政府からライセンスを発行されないかぎり運営できないのです。

また申請をすれば簡単に許可が降りるというものでもなく審査をクリアして初めて発行されるのです。

正式なオンラインカジノは1994年に誕生しましたが、その前にも存在していましたが悪徳業者が運営をしていたり、不正プログラムによってプレイヤーが勝てないように仕組まれていました。

これを取り締まっていたのですが、いたちごっこの状態がつづいて乱立したことにより被害を抑えることが出来なかったので、ならばいっそのこと、ラインセンス制にしようということからオンラインカジノがスタートして行ったのです。

日本ではあまり有名ではないかもしれないオンラインカジノですが、中には大手上場企業が運営をしていたり、大手サッカーのメインスポンサーになっていたりと世界的企業が運営をしているところもあります。

中には銀行よりも信頼が置かれていたりするので海外のサイトを利用することに抵抗を覚える人もいるかもしれませんが、大手優良サイトならば安心して利用することが出来ます。